So-net無料ブログ作成

2012.12.9~16 第3回ろうがんず作品展示会 [イベント・展示会]

俳優・石坂浩二さん主宰の模型サークル「ろうがんず」の展示会が横浜人形の家で行われました。
私がお邪魔したのは12/14の金曜日。
平日ということもあり、ゆっくり作品を拝見できました。
IMG_1165-1.jpg
IMG_1161-1.jpg
今回のテーマは「ヘリコプター」ってことで、いろんなヘリが。
オスプレイやフライングバナナも見えますね。
IMG_1132-1.jpg
アートボックスの市村さんの作品、中まで凝ってますね。
IMG_1134-1.jpg
テレ朝のヘリはテレ朝アナウンサーの松井さん、共同通信のヘリは産経新聞の磯山さんの作品。

もちろんヘリ以外の作品も。
IMG_1139-1.jpg
全部たまごひこーき。一個だけAFV-CLUBのミラージュが混じってましたw
IMG_1144-1.jpg
松井さんフリーダム過ぎるwww

後、メンバーの世代的に、古いキットを作ってらっしゃる方、昔のリベンジを再販キットで果たしている方もいらっしゃいます。
IMG_1153-1.jpg
下が43年前、上が今。同じキットです。
IMG_1150-1.jpg
これ、箱開けるのに勇気が要っただろうなぁ>
IMG_1154-1.jpg
ゼロ戦もリベンジらしいです。

石坂さんのこの手のイベントというと必ず出てくるこのジオラマ。
IMG_1149-1.jpg
人物に色を塗って飾ってもらえる体験コーナーがあります。
IMG_1147-1.jpg
2年前に私が塗ったやつ(赤いの)。
IMG_1146-1.jpg
これ、ウケた!!!!!

皆さん、私より少し上の世代ですが、いくつになっても「創る」のは楽しいよなぁ、と感じるのでした。
老眼きちゃってるし、混ぜていただこうかしら←選考通らないってばw
nice!(0)  コメント(0) 

顔出しwww [徒然と雑談みたいなの]

7月に山梨市で行われた「山梨市プラモデル展示会」の様子がPDFに上がってた。
チラシになったのは先日幕張で貰ったんだけどPDFになってたのは知らなかった。
しかも私、思いっきり顔出しwww
ってか、デブだなー(;´д`)

http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/sight/tour/machi_station/files/2012-0928-0936.pdf
nice!(0)  コメント(0) 

[展示会のお知らせ]第18回 艦船模型サークル「ミンダナオ会」展示会 [イベント・展示会]

ウチの人のお友達の艦船模型サークルの展示会です。
その世界では結構有名なサークルさんですね。

第18回 艦船模型サークル「ミンダナオ会」展示会
『The BATTLESHIPS ~戦艦の時代~』

開催日程:
2013年2月16日(土)10時~18時まで
2013年2月17日(日)10時~17時まで
開催場所:
中央区立月島社会教育会館 晴海分館 アートはるみ ギャラリーB
東京都中央区晴海1丁目4番1号(月島第三小学校等複合施設地下1階)
(有楽町線、大江戸線「月島」駅 徒歩12分)

こちら、ほんとに毎年すごいんです。
何がすごいって・・・過去の該当エントリ(下記)見ていただければお分かりかと。
何しろ、展示内容のスケールが半端ないです。

2010年
2011年
2012年(これだけアメブロの日記に飛びます)


またウチの人が夜まで艦載機チマチマと塗るのかしら・・・
nice!(0)  コメント(0) 

[AIRFIX]FIAT G91「FrecceTricolori」&[たまごひこーき]T-4「川崎フロンターレ」 [模型(ガンプラ以外)]

久しぶりに完成品披露。しかも珍しく2機同時進行でした。

まずはG91です。
IMG_1080-1.jpg
AIRFIXのキットを作ったのは初めてなんですが、箱を開けてパーツを見た瞬間「なんじゃこりゃあぁぁぁ」
まあ、金型も古いしキット自体も古いのですが、ハセガワやタミヤに慣れきってる人はたぶんみんなこういう反応なんだろうなぁ。
ヒケとかすごいし、形もいい加減で合いも悪いし、それでもAIRFIXのSkillレベルは1なんですよ。←パーツ少ないしね
もっとも、こんなのはまだ全然いいほうで、他の海外メーカーとか、もっと酷かったりしますからね。
主翼のヒケは目立つのでパテで埋めて水砥ぎしましたが、塗装までしてみるとまだまだ甘かったかな、と。
塗装の色は説明書の指定がすべてハンブロールだったので、カラーガイドを見ながらクレオスのホビーカラーの番号に変換しましたが、本体色が資料写真よりも明るい感じだったのでBlueAngelsのフタロシアニンブルーを使いました。
問題はデカール。
古くて変色もしていたのと、貼ってみたら印刷部分は崩壊するし、余白部分が大きくてその部分だけ変に白く浮いてしまって、角度によってはかぶったみたいな出来に・・・
古いデカールを再生してくれる薬品とかもあるようですが、使えばよかったなあ。

FrecceTricoloriはイタリアのアクロバットチームですが、G91はすでに30年前に引退して、今はアエルマッキのMB339を使っています。
箱の説明とか中の説明書を見ると説明記述(何ヶ国語かあるけど私が読めるのは英語だけ)では「採用されていた(過去形)」とあったので、1995年以降のキットだろうとは思ったのですが(1999年というのがあとで判明)、それにしてはデカールの劣化がひどいなぁ、と。

ただ、機体自体はとてもかわいらしいですね。
1/72ですが小さいし、アクロバット飛行する機体の例に漏れず曲線がきれいです。

そして、たまごひこーきのT-4。
IMG_1075-1.jpg
これを作るに至った経緯はちょっと長くなるのですが、押入れの雪崩でたまごひこーきのT-4(ブルーインパルス)が落ちてきたのと、フロンターレのマスコットつきボールペンが壊れたのがたまたま同じ時期で、マスコット見ながら「これ、たまごひこーきのコックピットに乗せられないかな」と考えたのが始まりです。
(それだけじゃないですけどね)
あと、T-4の愛称って「ドルフィン」なんですよね。
実機は先日入間で見てきましたが、本当に海豚みたいなきれいな流線型です。

本体はスナップフィットなので、機体色の黒と水色は缶スプレーで一気に塗りました。
ただ、細部塗装中にピトー管が折れて、真鍮棒で作り直しました。
コックピット内のふろん太は微妙に大きくてきちんと収まらなかったのでパテを流し込んで無理矢理収めましたが、無理矢理すぎて右腕がもげました。
(よく見ないとわかりませんが)
デカールを作る手段がないので、マークは全部シール(ヒサゴのタックシール←薄くて貼り易い)です。
星のシールとかは全部手持ち品。

コンテストに出すとか、どこかのイベントでこれを飾ってもらうといった予定はありませんが、今回写真を撮りながら「簡易撮影ブース欲しいなー」と、ちょっと思いました。
散らかった自室が背景に入るのが嫌なんだよねー←掃除しろ

nice!(0)  コメント(0)